国内旅行

エクシブでGo Toキャンペーンを使った時の流れ。【知っておきたい5つのポイントも】

エクシブGo Toキャンペーン

リゾートトラスト系列も、正式にGo Toトラベルキャンペーンの対象になることが決まったので、せっかくなので泊まってきました〜!

泊まったのは、リゾートトラスト系列の「XIV(エクシブ)」。

行き先は、、

  • 軽井沢のエクシブ
  • 蒲郡のラグーナベイコート倶楽部
  • 京都のエクシブ

の3ヶ所。(軽井沢と蒲郡には7月、京都には8月に行ってきました。)

これからリゾートトラスト系列のホテルに泊まりたい人向けに、Go Toトラベルキャンペーンを実際に使ったときの流れや、事前に知っておきたいポイント5つも紹介します!!

リゾートトラストはGo Toトラベルキャンペーンの対象!

エクシブはじめ、リゾートトラストのホテルは、キャンペーンの対象です!!

以下、リゾートトラスト公式HPでの発表内容。

リゾートトラストグループのホテル(エクシブ・ベイコート倶楽部・リゾーピア・サンメンバーズ・トラスティ)は、GoToトラベルキャンペーンの参加事業者登録を行い、 正式にGo To トラベル事業登録の宿泊事業者として認められましたので、お知らせいたします。

参考:Go To トラベルキャンペーンについて

…というわけで、XIV(エクシブ)やそのほかのリゾートトラスト系のホテルは、「確実に」Go Toキャンペーンの対象になります!!

 

エクシブでGo Toキャンペーンを実際に使った時の流れ

わたしが実際に使った時の流れを紹介します。

①チェックイン時に、Go Toトラベルキャンペーンを使いたい趣旨を伝える

予約時・もしくはチェックイン時に、Go Toトラベルキャンペーンを利用したいことを伝えておきます。

その際に、予約者と宿泊者が違う場合は、誰を代表者にするのか(領収書のあて名)を伝えます。

②エクシブを満喫

エクシブでの滞在を楽しみます!!

9月以降は「地域クーポン(15%)」もエクシブでのチェックイン時にもらえるはずなので、観光もしっかり楽しみたいですね✨

③チェックアウト時に、還元申請に必要な書類をもらう

ここが一番重要。

チェックアウト時に、還元申請に必要な書類を一通りもらいます。ただ、細かく説明しなくてもエクシブ側も必要書類はわかっているので、すべてしっかり揃えて渡してくれました。

なので、書類を「ただもらうだけ」です!!

エクシブでもらった書類一覧

わたしが宿泊した際に、実際にもらった書類を紹介します!

※軽井沢に泊まった時の書類で紹介します。

封筒
↑こういう封筒に必要書類をまとめて入れてくれました。

1. 領収書

領収書
まずは領収書です。

2. 利用明細書

内訳書
そして利用明細書。

この時は食事の予約が取れず、部屋代だけだったので安めです。

3. 宿泊証明書

Go Toトラベル必要書類
そして、宿泊証明書。

ここには、氏名、宿泊日、宿泊人数などの情報が明記されている必要があります。

が、この時は書かれていない空欄の状態で渡されたので、自分で記入すればOKです。


全部でこの3つの書類をもらいました!

チェックアウト時に書類をもらう際には、一応書類が揃っているか自分でも確認しておきましょう!

 

泊まる前に知っておきたい、重要なポイント5つ。

これからエクシブやリゾートトラスト系のホテルに泊まろうと思っている人には、役立つ情報だと思うので、シェアします!!

1. リゾートでの食事(朝食、ディナー)も割引対象になる!

エクシブの領収書は、部屋の宿泊代金に加えてホテル内での食事も合わせた値段を表示されます。

Go Toキャンペーンの還元で提出する必要があるのは、(ホテル側が準備する分は)領収書と宿泊証明証なので、結果的にエクシブでの食事分も割引対象になります。

エクシブでの食事はかなり高いですが、Go Toキャンペーン中は朝食やディナーをホテル内で楽しんでみてもいいかも✨

食事だけでなく、「部屋付」にしておけば、バーでのドリンク代や、スパ料金などホテル内の出費はすべて割引対象になります!!

2. 食事は早めに予約を。

「食事も対象になる」ということで、普段よりもエクシブのレストランは混み合っています。

わたしが蒲郡に泊まった時には、1週間後の日程でディナーを予約しようとしたら「全てのレストランで全時間帯満席なので、21:00〜の部屋食でのイタリアンコースしか空きがないです」と言われてしまいました…。

イヤ、選択肢なさすぎやろ!!とびっくりしました^^;

なので、食事もしたい人は、とにかく早めに予約しておいたほうがいいです!!!

3. 部屋代半額クーポンと併用できる!

最近エクシブが独自に発行していて、オーナーならもらった人も多いと思われる「部屋代半額クーポン」。

おそらくコロナ後に泊まってもらうために発行したものだと思いますが、このクーポンもGo Toトラベルキャンペーンと併用可能です!!

ただ、この半額クーポンは基本「2食付き」じゃないと適用されないので、現時点で一番お得なのは、「2食付き」で予約して、半額クーポンとGo Toトラベルキャンペーンを併用することですね!!

  • スーパースイートに5人で宿泊する場合(40,000円/部屋→半額の20,000円に)
  • 朝食・ディナー付きにする(朝3,000円+夜10,000円=13,000円/人)
  • Go Toキャンペーンの割引で35%還元

本来は「21,000円/人」→クーポン&キャンペーン併用で「11,050円/人」に!

ほぼ半額です♪

4. 東京都民除外の「抜け道」は本当に可能だった。

エクシブからもらった領収書や宿泊証明書には、代表者の名前しか記載されません。そして、身分証明書を提示するのも代表者のみです。

なので、ツイッターでも話題になっていた「都民除外の抜け道」は可能だな〜と思いました!

つまり…

2人旅行で、1人が他県民(対象)、もう1人が東京都民(対象外のはず)だった場合でも、確実に対象になる他県民の方を代表にしておけば、東京都民でもGo Toキャンペーンを受けられます。

(返金申請時には、東京都民以外の人の名前を使う必要があります。返金申請はあとから代表者が一括で行い、代表者の口座に振り込まれるので、その代表者の家族の名前とかでもOKになります。)

※本来はNG行為なので、全く推奨しません!

まあ、そこまでして旅行する必要はないと思いますが…。

ただ、「都内には住んでいないのに、登録住所は東京になっているから除外されてしまう」という人もいると思うので、そういう人にはこういう方法もあります。

この方法だと、最低でもグループの一人は都民以外じゃないといけないので、その点は注意です。

5. 経費にもできる

8月31日までの宿泊は「あとから自己申請して還元」というかたちになるのですが、その際に領収書原本も提出することになります

そうすると、ビジネス目的で使いたい(宿泊代を経費にしたい)人は困りますよね。

ただ、エクシブは、領収書とは別で「宿泊明細書」を作ってくれるので、その点は心配いりません。

還元手続きに必要な書類は、以下の通り。

↑このうち、赤い文字の2つは、エクシブ側に作ってもらう必要があります。

「②支払内訳がわかる書類」は、領収書と支払明細書が2つともあれば、領収書は経費にして、さらに支払明細書を使ってGo Toキャンペーンの還元を受けることが可能です!

まとめ

以上、リゾートトラストでGo Toキャンペーンを使う方法(流れ)でした!!

実際に泊まってみたら、「先に知っておけばよかった〜!」ってポイントが結構たくさんあったので、これから泊まる予定の人はぜひ最大限お得になるように活用してください☺️

とくに、「食事付きプランで部屋代半額」のクーポンとの併用は、かなりお得だと思いますよ〜!

ただ、Go Toキャンペーン中はエクシブでの食事は予約が難しくなっているので、早めにテーブルを押さえておきましょうー!!

これから、エクシブに宿泊する人の役に立てば嬉しいです♪